Category Archives: スポーツ

US オープンとの秋の到来

先週まで三週間、USオープンの仕事でとても忙しい毎日でした。

やっと終わってホッとしてます。

仕事の合間に試合を見に行く事が出来るので、

テニス好きの私には嬉しい。

20110918-092935.jpg

シャラポワの試合。

私の一番の目当ては当然フェデラーです。

20110918-092946.jpg

前から二列目のチケットをもらえたーー!

こんな近くでフェデラーを見れるとは!

20110918-092952.jpg

今年優勝したジョコビッチとの準決勝。
仕事をおいて、スタジアムの一番上まで登って来た。

フェデラーのファンの方が圧倒的に多いのですが、
マッチポイントまで取っておきながら、
逆転負けーー。

さて、次はニューヨークの秋のイベントを紹介します。

これから、多くのフードのイベントが行われます。

私は飲食産業の仕事をしているので、
沢山のイベントに参加します。

先日、トラベル&リージャーの40周年記念パーティーがありました。

20110918-093009.jpg

エスニック料理の中にも、有名シェフが5人だけ招待されて、
ブースからお料理を出していました。

20110918-093017.jpg

森本、ダニエル、マーカス。

20110918-093021.jpg

ブルーリボンのRaw Bar。

次の大フードイベントは、「Wine and Food Festival」
今年は少し早くて、今月末から始まります。
多くの有名シェフが集まって、それぞれがクッキングデモなどをします。
ほとんどがチケット制で、人気シェフのはすぐに売り切れます。
フードネットワークが主催です。

*****************************************

最後にオマケ。

餌の液体が鼻に染み付いてピエロの様な顔。

口や目ヤニも自分では綺麗にできないジャンバ君。

20110918-093028.jpg

US OPEN

テニス大好きな私にとって一年で最も楽しい仕事がこれです。

US OPEN 寿司のケータリング!

ケータリングと言っても、出前でなくて、現場のレストランで寿司を作ります。

私は寿司職人ではないので、現場を監督するだけです。

レストランがあるのは、トッププレーヤーしかプレーしないセンターコート。

綺麗なコートです。 

時間がある時は、空いている席に座ってゲームが見れます。

一番楽しみなのは、来週の日曜日。

世界ランキング10位くらいまでの選手が次々と練習しに来ます。

でも、観客席には一人も観客がいません。(まさに写真の様な状況。)

そんな中、去年は、ナダル、フェデラー、ジョコビッチを見ました。

あの時のナダルを見て、絶対優勝すると思いました。

そのくらい凄かったです。

あ~~楽しみ~~!

感情表現の違い

今日はウィンブルドン女子の決勝戦が行われました。

21歳のチェコのペトラ・クビトバがマリア・シャラポワを圧倒して
ストレート勝ちしました。

始めてのオープン大会の決勝で、誰もが21歳の若手に驚いた事でしょう。

最後のポイントは、サービスエースを決めてアッサリと優勝を掴みました。

20110702-013803.jpg

でも彼女の優勝に驚いた人達は、彼女のリアクションにもっと驚いたのではないでしょうか。少なくとも私はそうでした。

喜怒哀楽を派手に表現する国民性のアメリカに住んでいる私には、
クビトバの感情を抑えた姿に感心してしまいました。

勝った瞬間は、手で顔を覆って、そのまま地面にしゃがみ込みましたが、
すぐに立ち上がってからは涙もみせず、
スタンドで見守っていた両親にも特に派手なガッツポーズを送る事なく
静かにベンチに座っていました。

20110702-013811.jpg

何年か前に、セリナウィリアムズがUSオープンで優勝した時、
派手にコートで飛び跳ねたのに対して、品がないと批判した人がいました。

多分、批判した人達はアンチ・ウィリアムズかヨーロッパ人だと思いますが、
嬉しい時も怒った時も大声出すのがアメリカ人の特徴です。

そんな人達しかいない中で生活している私にとって、
クビトバの静かな喜びを見て、
何となく東ヨーロッパの静かな田舎町の光景を想像していました。

それから、ふと、前にも同じ事で感動した事があったな、と思い出しました。

20110702-013817.jpg

この人もとても落ち着いた女性でしたね。

このような世界の大舞台で優勝しても、
凛とした物腰でいられる人って素晴らしいなと憧れちゃいます。

みんな私より遥かに年が下なのですが。