Category Archives: 国民性

感情表現の違い

今日はウィンブルドン女子の決勝戦が行われました。

21歳のチェコのペトラ・クビトバがマリア・シャラポワを圧倒して
ストレート勝ちしました。

始めてのオープン大会の決勝で、誰もが21歳の若手に驚いた事でしょう。

最後のポイントは、サービスエースを決めてアッサリと優勝を掴みました。

20110702-013803.jpg

でも彼女の優勝に驚いた人達は、彼女のリアクションにもっと驚いたのではないでしょうか。少なくとも私はそうでした。

喜怒哀楽を派手に表現する国民性のアメリカに住んでいる私には、
クビトバの感情を抑えた姿に感心してしまいました。

勝った瞬間は、手で顔を覆って、そのまま地面にしゃがみ込みましたが、
すぐに立ち上がってからは涙もみせず、
スタンドで見守っていた両親にも特に派手なガッツポーズを送る事なく
静かにベンチに座っていました。

20110702-013811.jpg

何年か前に、セリナウィリアムズがUSオープンで優勝した時、
派手にコートで飛び跳ねたのに対して、品がないと批判した人がいました。

多分、批判した人達はアンチ・ウィリアムズかヨーロッパ人だと思いますが、
嬉しい時も怒った時も大声出すのがアメリカ人の特徴です。

そんな人達しかいない中で生活している私にとって、
クビトバの静かな喜びを見て、
何となく東ヨーロッパの静かな田舎町の光景を想像していました。

それから、ふと、前にも同じ事で感動した事があったな、と思い出しました。

20110702-013817.jpg

この人もとても落ち着いた女性でしたね。

このような世界の大舞台で優勝しても、
凛とした物腰でいられる人って素晴らしいなと憧れちゃいます。

みんな私より遥かに年が下なのですが。

広告